Blogarchiv

Freitag, 9. Dezember 2016 - 19:45 Uhr

Raumfahrt - JAXA startet im Januar die weltweit kleinste Trägerrakete

.

The world’s smallest carrier rocket, developed in Japan, is scheduled to be launched Jan. 11, the Japan Aerospace Exploration Agency said Thursday.

The 2.6-ton rocket, about the size of a telephone pole measuring 9.5 meters in length and 0.5 meters in diameter, will be launched from the Uchinoura Space Center in Kagoshima Prefecture at 7:20 a.m.

It will send a geological survey and communication experimental satellite to space, according to JAXA.

The three-stage rocket was developed by modifying the two-stage observation rocket currently used by JAXA.

The TRICOM1 satellite, developed by the University of Tokyo and weighing about 3 kilograms, will capture images of the Earth and engage in a data communication experiment.

Quelle: The Japan Times

---

ss-520-main

 

SS-520 4号機並びに搭載ペイロード(TRICOM-1)について

SS-520 4号機について
SS-520 4号機主要諸元
(左図はロケットの断面図)
全長 9.54 m
直径 0.52 m(代表径)
全備重量 2.6 ton
燃料 固体燃料
段構成 3段式
打上げ能力 低軌道に4kg以上
打上げ場所 内之浦宇宙空間観測所
打上げ方式 ランチャ滑走方式
(吊下げ式)
 

SS-520 4号機は、JAXAの観測ロケット(SS-520)をベースに開発している小型ロケットです。



搭載ペイロードTRICOM-1について
TRICOM-1主要諸元
概要 超小型衛星
寸法 116mm×116mm×346mm(アンテナ部分除く)
重量 約3kg
軌道 近地点180km×遠地点1,500kmの楕円軌道
傾斜角 31度
 

 TRICOM-1(トリコム-ワン)は、東京大学で開発された超小型衛星ほどよし3&4号機の実績を基にした次期衛星です。経済産業省宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(民生品を活用した宇宙機器の軌道上実証)に採択されたことをうけて東京大学において開発されました。
 地球を周回しながら地上端末から送られるデータを収集(Store)し、衛星が管制局上空に来た時にコマンドにより地上局にデータを転送(Forward)するStore and Forwardミッションや、搭載したカメラを用いた地球撮像を行う予定です。

Quelle: JAXA


795 Views